口腔インプラントセンター奈良 「松田歯科医院」歯周病治療、歯周病組織再生法、歯周病予防、禁煙外来治療があります

奈良県の歯科医院 医療法人松田歯科医院
口腔インプラントセンター奈良

奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2

トップページ
松田歯科医院の案内
院長紹介
院内・設備紹介
インプラント治療
MRCこども矯正
歯牙移植治療
歯牙移植治療
歯周病治療

歯周病とは

歯周病治療と予防

歯周組織再生療法

禁煙外来治療

審美歯科治療
歯周形成外科
矯正歯科治療
アンチエイジング・美容歯科
診療例
院内感染防止
無料歯科相談
初診予約受付
松田ブログ

歯周病治療


禁煙外来治療


禁煙しませんか?

歯周病と喫煙の関係をご存じですか?喫煙は歯周病の発症、進行が非喫煙者の2~8倍高くなるリスクファクターであり、歯科インプラント(特に骨移植が必要な症例)の予後にも悪影響を及ぼします。そのため当院では患者様に健康になっていただくために、インプラントや歯周病治療の初期治療時にニコチンパッチを処方して禁煙指導を行っています。
タバコは健康に対する諸悪の根元と言われ、人体に有害であることは広く知られています。タバコの煙が最初に触れるのは口の中の粘膜です。煙に含まれるタール、ニコチン、一酸化炭素などは口の中の粘膜や歯を支える組織に対しても有害です。禁煙をするためには3つがポイントになります

1.動機づけ

禁煙に取り組むには、タバコを辞めるための強い動機が必要です。それにはタバコにはこんなに害があるという有害性の知識が役立ちそうですが、実はそれだけではなかなか上手くいきません。喫煙している人たちには、害があることを知りながら、禁煙に踏み切れずにいます。喫煙しようと決断させてくれるのは、タバコの害よりも、むしろ「タバコをやめるとこんな良いことが待っている!」といった知識なのです。

2.方法

ニコチン依存とは喫煙者がタバコを吸わないでいると、イライラしたり不安なったりします。これはニコチン依存に陥っているからです。こうした人の脳はニコチンがないと活動できなくなり、イライラや不安などの「ニコチン切れ症状」が現れます。そこでタバコを吸うと、脳にニコチンがきて、正しく常に動くようになります。そこでニコチン切れ症状が起きないようにする治療法を紹介します。

ニコチンパッチ

パッチを皮膚に貼り、ニコチン切れ症状を起こさない程度の量のニコチンを体内に送り込みます。パッチを使うと、使わない場合に比べて禁煙の成功率が上がると言うデータがあります。大きいサイズで6cmほど医師指導のもとで行う治療法の一つです。当院ではこのニコチンパッチの処方しております。

3.サポート

禁煙を成功させるには一人でがんばるより、周囲の人たちにサポートしてもらうほうがうまくいきます。禁煙をはじめれば、タバコを吸いたくなるときが必ずやってきます。その時に吸わずに踏みとどまるためには、周囲のサポート体制をもって用意しておくことです。
家族や同僚に協力してもらったり、医療機関の中にある禁煙外来を利用してみるのも一つの方法です。
当院では禁煙外来治療のみも行っております。当院のスタッフは全て非喫煙者です。これは患者様の健康を守る医療従事者の最低限の心がけです。お気軽に禁煙に関してお問い合わせ下さい



Copyrgiht(C)2015 MATSUDA DENTAL CLINIC.All Rights Reserved.