口腔インプラントセンター奈良 「松田歯科医院」歯周病治療、歯周病組織再生法、歯周病予防、禁煙外来治療があります

奈良県の歯科医院 医療法人松田歯科医院
口腔インプラントセンター奈良

奈良県宇陀市榛原区萩原2439-2

トップページ
松田歯科医院の案内
院長紹介
院内・設備紹介
インプラント治療
MRCこども矯正
歯牙移植治療
歯牙移植治療
歯周病治療

歯周病とは

歯周病治療と予防

歯周組織再生療法

禁煙外来治療

審美歯科治療
歯周形成外科
矯正歯科治療
アンチエイジング・美容歯科
診療例
院内感染防止
無料歯科相談
初診予約受付
松田ブログ

歯周病治療


歯周病再生治療法


エムドゲイン 歯周組織再生療法

スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料で、主成分のエナメルマトリックスデリバティブは子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。現在的科学水準に基づいた高い安全性の確保のもと、2001年12月現在世界28カ国で使用されています。歯周外科手術の際に手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。
こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。

こちらの詳しいエムドゲインの症例は
こちらをご覧下さい

エムドゲイン手術の前に

歯周組織の状態を調べるために歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。
エムドゲインゲルを使った治療が行えるかどうがは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なります。

歯周外科手術とエムドゲインの散布

手術は麻酔をかけますので、痛みはありません。まず最初に治療する部分の歯肉を切開し剥離します。歯根の表面の清掃を行いエムドゲインゲルを塗布します。最初に切開した歯肉部分を縫合し、終了です
手術後はゆっくりご自宅で休んで頂き、後日感染を防ぐため消毒します。安定したら抜糸します。


松田院長からエムドゲインについて

歯周病が進行すると、従来の歯周外科手術だけでは効果が得られにくくなります。歯槽骨が歯根長の2/3以上失われ、歯が上下にも動くようになった「重度の歯周炎」では歯を残すことは難しいと言われています。
当院ではフラップ手術だけで 進行がとめられない歯周病にエナメルマトリックスたんぱく(エムドゲインゲル)と骨移植を併用して良好な結果を得ています。エナメルマトリックスたんぱく(エムドゲインゲル)は組織の再生を促す働きを持つ特殊なたんぱく質で、フラップ手術で歯周ポケット内のプラークや歯石を除去した後、歯の表面にこのジェル状のたんぱくを塗りつける。この際に自家骨または人工骨を骨欠損内に充填して骨再生のスペースと足場を確保します。手術時間はフラップ手術だけの場合とほとんど変わりません。再生療法を併用しても、入院は不要です。

当院は安心で安全な専用の手術室を設けておりますので、最新の確実かつ安全な歯周組織再生療法をもちいた治療が可能です。



Copyrgiht(C)2015 MATSUDA DENTAL CLINIC.All Rights Reserved.