インプラント治療

Implant

インプラントは天然の歯と変わらないことで得られる反面、デメリット・リスクもあります。 インプラント治療は、手術後の定期検診やメンテナンスなど受けて頂くことで長期のお付き合いになります。 患者様との信頼関係が築けるかで治療終了への道が開けるということでもあります。どんな小さな事でもご質問・ご相談することが大切です。

インプラント治療の基本的な考え方

インプラントとは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本づつ作るので噛みごごちも外見も天然の歯とほとんど変わりません。

現在、日本で使用されているインプラントシステムは40種類以上あり、スウェーデン、スイス、アメリカ、ドイツ、日本、韓国、台湾製のものが流通していますが、最低でも10年以上の臨床データがある実績と信頼性の高いものは数少ないのが実情です。
また、弱小メーカーの中には売れ行き不振のため数年程度で市場から撤退するのも多く、長く生体内で使用する上でのパーツ供給にも不安が残ります。科学の一分野であるインプラント歯科学は、科学的根拠に基づいた治療計画の立案が重要であるため、参考になる科学的データが確立している製品を使用すべきと考えます。インプラント治療を成功に導く第一歩は信頼性の高いシステムを使用することと言っても過言ではないでしょう。
以上を考慮して、当施設では、アストラテックインプラント(スウェーデン製)とITIインプラント(スイス製)の2種類を採用しており、適材適所に使用することで患者様の様々な病状に対応することが可能になりました。
当医院では確実なインプラント治療を可能にするために骨移植等の治療にも力を入れており、専用手術室は大学病院と同等の設備を有しています。

奈良・宇陀市の松田歯科医院ではインプラント治療専用のオペ室が完備しております

確実なインプラント治療を可能にするために骨移植の治療にも力を入れております。そのためにも専用手術室は、大学病院と同等の設備を当院では設置しております。最新の確実かつ、安全な骨増生法をもちいた治療が可能です。当院で対応できる主な骨増生法は下記の通りです。
再生治療に関してご不明やご質問は、どうぞお気軽にインプラント無料相談でお尋ね下さい。なお、下記の治療につきましては自費診療となります。
また、インプラント埋入手術は「痛いのではないか?」「怖いのではないか?」と良く質問がありますが、当医院では手術はすべて静脈内鎮静法施行下で行います。患者様は、寝ている間に処置が終わるため痛みやストレスの無い快適な治療を受けていただくことができます。手術を受けた患者様は皆一様に想像していたより楽であったと言われています。
手術中の痛みや恐怖心からのストレスは脈拍、血圧等を上昇させ偶発症を発生させる可能性があります。静脈内鎮静法を用いてストレスフリーで少しでも痛み和らげる治療をすることで手術の安全性も高くなります。
様々な医療システムと「健康創造型治療病院」松田歯科医院へどうぞご安心してご来院下さい。
ご不明な点などございましたらご遠慮なく、お気軽にご相談下さい。
※静脈内鎮静法を受けていただく場合、いくつかの注意事項があります。担当医から説明がありますのでお気軽にご相談ください。

奈良・宇陀市の松田歯科医院 インプラント手術の風景

アストラテックインプラントとは

アストラテックインプラントはスウェーデンのアストラゼネガグループの一員アストラテック社によって研究開発されたシステムです。アストラゼネガは、製薬会社において世界的なリーディングカンパニーであり、社員数は54000人以上で製品は世界100カ国以上で市販されています。アストラテック社はアストラゼネガグループ内で唯一医療機器の研究開発に特化している会社です。アストラテックインプラントのデザインは1980年代初頭に確立され、それ以来卓越した結果をだしています。 スウェーデンのイエテボリ大学におけるアストラテックインプラントをもちいた10年間を通じての臨床研究で97%の成功率が報告されています。また、従来は上顎のインプラント治療は下顎に比較して成功率が低いとされていましたが、アストラテックインプラントを用いたこの研究では成功率に差がありませんでした。 A 10Year Follow-UP Study of Titanium Dioxide-Blasted Implants Lars Rasmusson et al.Clin Implant Dent Relat Res2005;1(7)36-42より引用 日本に於いても京都大学口腔外科や名古屋大学口腔外科などの一流医療機関で正式採用されており、非常に高い評価を得ています。

ITIインプラントシステムとは

ITIインプラントシステムはスイスのストローマン社によって開発されたシステムです。スイスは品質の高さで世界に定評のある国です。新しいインフラストラクチャー、最先端の生産技術、全ての生産工程での厳しい制度基準によって、ストローマン社製品は高い品質の医療材料を生産しています。このハイテクラインからは厳しい品質基準に合格した製品だけが出荷されています。
ストローマン社は、最新研究の成果、先端技術、確実な科学文献による裏付け、厳しい生産管理によって、製品には高い品質管理を行っています。

当医院で対応可能な骨増生法

GBR(組織再生誘導療法)

GBR(Guided Bone Regeneration=骨再生誘導療法)は骨が薄くなってしまった場合、骨の再生を促す特殊な膜を入れます。破壊されてしまった歯槽骨は徐々に再生されてきます。

サイナスリフト ラテラルウィンドウテクニック(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト(Maxillary Sinus Augmentation)は上顎の奥歯を抜歯したケースで良く用いられる治療法です。上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材を填入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これが上顎洞底挙上術です。

ソケットリフト オステオトームテクニック(上顎洞底挙上術)

上顎の骨の再生手術の術式の一つです。サイナスリフト同様に上顎洞底挙上手術法の一つです。サイナス・リフトとは異なり、上顎洞を露出させず口腔内より上顎洞底の歯槽骨を挙上させるとともに、上顎洞の底部の膜(シュナイダー膜)の弾力を利用して行います。具体的には、上顎の歯肉を切開して歯槽骨を露出させ、上顎洞の底部の骨を専用の器具(オステオトーム)で槌打して、現れたシュナイダー膜を上顎洞内に押し上げるようにして、膜を剥離していきます

スプリットクレスト(歯槽骨頂分割術)

骨の高さはあるけど、骨の幅が足りない方、骨がやせ細っている方に行う治療法です。インプラントを行うためには歯槽骨の救急などにより骨の幅が足りないとインプラントの埋入が出来ません。歯槽骨が5mm以下の場合に行う処置です。歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法です。骨頂から器具を入れ、骨を二分割し、そこにインプラントを埋め込みます。

ベニア、オンレイグラフト(ブロック骨移植)

歯槽骨の高さや幅が足りない場合、別の部位から取ってきた患者さん本人の骨を歯槽骨にもってくる方法が、骨移植です。自分の骨を移植するので、自家骨移植とも呼ばれます顎の骨の厚みが足りない方は、「ベニアグラフト」と言う術式と骨が高さや厚みが足りない方は「オンレーグラフト」の術式の2つの方法があります。どちらの術式も、別な部位から取ってきた患者様の本人の骨を歯槽骨に持ってくる方法で、自分の骨を移植することから「自家骨移植」とも呼ばれています。本人の骨を使うことで拒否反応の危険性がなく、骨同士の結合が良好に行われるため、安全な方法です。

インプラント治療の流れ

カウンセリングと検査

当院は患者様にご理解頂けるためにも、失った歯の状況、インプラント治療についての流れ、患者様にとってのインプラント治療に対する疑問、質問などお伺いします。その後、現在のお口の中を状況を拝見させていただき、レントゲンやCT、歯形などをとらせて頂きます。検査資料を基づいて、より詳しいインプラント治療計画のご説明をさせて頂きます。

虫歯や歯周病治療、骨の足りない方の再生治療

インプラント治療を行う前に、むし歯や歯周病疾患がある方はインプラントが出来ません。そのために、虫歯や歯周病治療をおこないます。また、骨の厚みなど足りない方や歯周組織の破損がひどい場合は骨増生法をもちいた治療をします。

インプラント手術 一回目

人工の歯根(フェクスチャー)を取り付ける手術です。歯茎を開き、顎の骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。しっかり固定する用にインプラントを入れ歯ぐきをとじます。患者様の状況によっては一回で手術が終わる一回法を選択する場合があります。

インプラント手術 二回目

インプラントに力をかけずに治療を待ちます。数ヶ月で骨とインプラントがしっかりと結合します。この間は仮歯を入れることができますので、日常の生活には支障はありません。その後、骨とインプラントが結合しましたら、人工の歯を取り付けるための部品を連合し、歯茎から露出させます。

上部構造の設置

天然の歯と見分けがつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などをご説明します。お手入れがしっかり出来てないと、天然歯と同様に歯槽膿漏のような状態なり、インプラントの周囲の骨がやせてきます。長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスもおこないます。

インプラント症例-1

初診時

16年後全てのインプラント
安定してます

治療後

16年後のレントゲン
写真

【症例1 57歳 女性 上顎前歯の違和感】

主訴:強度の嘔吐反射があり、義歯を入れることができないため、当院へご相談しに来院されました。
処置:重度の歯周病のため、上顎はすべての歯を抜歯して10本のインプラントを、下顎は歯周外科手術を行った後に3本のインプラントを埋入して噛めるようにする治療計画を立てました。上顎両側の骨幅が足りないので、スプリットクレスト法(歯槽骨頂分割術)を用いて、インプラント(人工歯根)を埋める一次手術を行いました。その後、上顎の二次手術と下顎右側臼歯部の人工歯根を埋める一次手術を同時に行いました。 義歯を入れることが出来なかった患者様でしたが「ちゃんと噛めて夢のようです。」と感動されました。定期的にメンテナンスにも来られ、16年後も全てのインプラントが安定されております。

【こちらの症例の費用】
●インプラント用(片顎)CT撮影 11,000円(税込)
●静脈内鎮静法B(ドルミカム) 27,500円(税込)
●フェクスチャー(インプラント 242000円×10本=2,420,000円(税込)
●セラミック冠(冠+アパットメント) 143,000円×10本=1,430,000円(税込)
●ポンテック 143,000円×2本=286,000円(税込)
合計金額 4,141,500円

【リスクとデメリットについて】
外科手術が必要となりますので、神経の圧迫や損傷による麻痺や血管による出血、術後の晴れ等が生じます。時間の経過とともに自然にひいてきます。もし痛みがある場合は、鎮痛剤などの処方を行います。また、なるべく低侵襲な治療法を選択することで、負担の少ない治療を行います。そして神経損傷などのリスクを回避するために、当院ではCT撮影による精密診断で神経や血管の位置をより正確に把握し、治療計画を立てています。

インプラント症例-2

初診時

6年経過してもインプラントは
安定してます

治療後

6年経過しても
しっかり噛めています!

【症例2 62歳 男性 上顎前歯1歯欠損】

主訴:歯根破折のため、他院にて1ヶ月前に抜歯されました。その後インプラント治療を希望したいと当院へ受信されました。
処置:初診時のレントゲンで右上の側切歯1本が欠損しており、骨が欠損しているので、骨再生誘導療法(GBR)を伴うインプラント治療を行いました。きれいな歯並びになったと喜ばれ、今でも定期的にメンテナンスを来られており、6年後もインプラントは安定しています。

【こちらの症例の費用】
●インプラント用(片顎)CT撮影 11,000円(税込)
●静脈内鎮静法B(ドルミカム) 27,500円(税込)
●GBR(組織再生誘導療法)A 77,000円(税込)
●フェクスチャー(インプラント) 242,000円(税込)
●セラミック冠(冠+アパットメント) 143,000円(税込)
合計金額 500,500円(税込)

【リスクとデメリットについて】
外科手術が必要となりますので、神経の圧迫や損傷による麻痺や血管による出血、術後の晴れ等が生じます。時間の経過とともに自然にひいてきます。もし痛みがある場合は、鎮痛剤などの処方を行います。また、なるべく低侵襲な治療法を選択することで、負担の少ない治療を行います。そして神経損傷などのリスクを回避するために、当院ではCT撮影による精密診断で神経や血管の位置をより正確に把握し、治療計画を立てています。

インプラント症例-3

初診時

治療後

【症例3 37歳 男性 上顎前歯疼痛】

主訴:上顎の前歯部分が疼痛により当院へご相談しに来院されました。
処置:骨が欠損していた難症例でしたので骨再生誘導法(GBR)と歯肉移植を併用したインプラント治療を行いました。十分な骨の再生が得られ、きれいな歯が入ったと喜ばれました。

【こちらの症例の費用】
●インプラント用(片顎)CT撮影 11,000円(税込)
●静脈内鎮静法B(ドルミカム) 27,500円(税込)
●GBR(組織再生誘導療法)B(ソーセージテクニック) 154,000円(税込)
●フェクスチャー(インプラント) 242000円×2本=484,000円(税込)
●セラミック冠(冠+アパットメント) 143,000円×2本=286,000円(税込)
合計金額 962,500円(税込)

【リスクとデメリットについて】
外科手術が必要となりますので、神経の圧迫や損傷による麻痺や血管による出血、術後の晴れ等が生じます。時間の経過とともに自然にひいてきます。もし痛みがある場合は、鎮痛剤などの処方を行います。また、なるべく低侵襲な治療法を選択することで、負担の少ない治療を行います。そして神経損傷などのリスクを回避するために、当院ではCT撮影による精密診断で神経や血管の位置をより正確に把握し、治療計画を立てています。

インプラント症例-4

初診時

初診時レントゲン

治療後

治療後レントゲン

【症例4 77歳 男性 下顎右側臼歯部1歯欠損】

主訴:3ヶ月前より右側の咬合痛を自覚していたが、放置状態に。様子を見ていたが疼痛が拡大したため、受診をされました。
処置:レントゲン撮影後、右下の第1大臼歯を歯根嚢胞で抜歯をしたので、大きく骨が欠損していることがわかります。骨を再生してからインプラントを埋入して被せ物を装着しました。しっかり噛むことが出来ると喜ばれました。

【こちらの症例の費用】
●インプラント用(片顎)CT撮影 11,000円(税込)
●静脈内鎮静法B(ドルミカム) 27,500円(税込)
●GBR(組織再生誘導療法)B(非吸収性膜を使用した垂直的骨造成) 154,000円(税込)
●フェクスチャー(インプラント) 242,000円(税込)
●セラミック冠(冠+アパットメント) 143,000円(税込)
合計金額 525,000円(税込)

【リスクとデメリットについて】
外科手術が必要となりますので、神経の圧迫や損傷による麻痺や血管による出血、術後の晴れ等が生じます。時間の経過とともに自然にひいてきます。もし痛みがある場合は、鎮痛剤などの処方を行います。また、なるべく低侵襲な治療法を選択することで、負担の少ない治療を行います。そして神経損傷などのリスクを回避するために、当院ではCT撮影による精密診断で神経や血管の位置をより正確に把握し、治療計画を立てています。

インプラント治療の治療費について

インプラント用CT撮影(片顎) 11,000円(税込)
静脈内鎮静法B(ドルミカム) 27,500円(税込)
フェクスチャー(インプラント) 242,000円(税込)
セラミック冠(冠+アパットメント) 143,000円(税込)
GBR(組織再生誘導療法)A 77,000円(税込)
GBR(組織再生誘導療法)B 154,000円(税込)

※保険外治療となります。

インプラント治療に伴うデメリット・リスクについて

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する外科的手術が必要となります。ブリッジや入れ歯に比べると、やはり体の負担は大きくなります。そのため、重度の全身疾患をお持ちの方は、治療をお断りする場合があります。また、インプラント治療後は歯周病のような「インプラント周囲炎」の病気になる場合もあります。インプラントを長持ちさせる為にも定期的な検診が必要となります。

診療時間のご案内